親子ふれあいまつりに参加しました

11月8日(日) 連絡協議会 [相模原市淵野辺公園]

風もなく穏やかな日曜日、相模原市のイベント「親子ふれあいのまつり」が開催されました。

私たち[みらい子育てネットさがみはら]も、活動の宣伝を兼ねて親子で楽しんでもらおうと、

ステージの方では、オカリナと歌のミニコンサートや、親子体操を披露♪

コーナーでは紙芝居やアートバルーンで楽しんでもらい、ソーラークッカーの展示もしました。

模擬店ではパンとジュースを販売しましたが、小学生の女の子たちが一生懸命に暗算をしながら

品物を渡すと、お客様の方に「ありがとう」と声をかけていただき、心も温まる一日でした。

 

 


親ふれ.gif 

じ~じば~ばの、孫育て講座 (全3回)

10月16日(金)、23日(金)、30日(金) 全3回 10時~12時 

場所:総合学習センター 2階 セミナールーム

主催:相模原市総合学習センター 

 

1回目『今どきの子育てについての情報交換』

2回目『手遊びなど、孫とのコミュニケーションを学習』

3回目『地域での子育て支援について』 

 参加者の声 「共働きが増える中、少しでも協力し、両親を助けてあげることで、お互いが良い

         関係ができるのでは、と感じました

        「若い人は情報を真に受ける傾向にあるが、子どもに関する情報を最終的に選択

        するのは親なので、経験的なアドバイスを祖父母がするとよいと思った。」

        「孫や息子夫婦に仲のいいおじいちゃんおばあちゃん夫婦の姿を見せていこうと思う。」

 
じじばば.gif
じじばばチラシ.gif

みんなで楽しい 「お芋ほり」 2009年10月

(日時)平成21年10月22日(木曜日) 午前10時~12時(天候)晴れ

(参加者) 15組 (集合)谷口児童館園庭 そして、谷口の畑へ行きました

(準備)ポスターづくりなど若いメンバー(鶴の子の中の「谷口児童館で遊ぶ会」)がしました。募集も積極的に知り合いに声掛けもしてくれました

21お芋掘り風景.gif

みんな一生懸命掘りました。「土と仲良くしてね。じかに土をさわりましょう。」

と語りかけたので、こどもたちはみんな素手でした。

「おいもって、たべるものなの?」という質問がありました。

「そうよ。たべるものなのよ。」 

きっと、おうちでおかあさんに料理してもらい、納得したことでしょう。

顔と同じ位大きいお芋を顔のそばに並べて、何人かで記念撮影をしたり

しました。とても良いお天気できもちの良い時間でした。

 

 

 

親子で聞こう!ミニコンサート 2009年9月9日(水)

 2009年9月9日(水)10時30分~12時 津久井中央公民館 3階視聴覚室

 [実施クラブ:ネバーランド]

講師:酒井みさおさん 森友希子さん

参加者18名(うち4名連協関係者)。ピアノの森さん(会員)とフルートの方で、身近な曲を親子で楽しみました。参加のこども達も、講師手作りのマラカスでリズムに合わせて合奏を楽しみました。

最後はNHK朝ドラの「だんだん」の中で歌われた「いのちの歌」の朗読と演奏でした。良かったです。


コンサート・00.gif

21年度に点検した遊び場 全38箇所

<大野中地区>

古淵西公園 古淵西第二公園 古淵南公園 大野台4丁目ふれあい公園

大野台5丁目公園 大野台6丁目公園 大野台6丁目第2公園 大野台てるてる公園 大野台第2児童館 大野台第1児童館 大野台中央公園 

 

公園出入り口.gif 

出入り口:植木の背が高く、子どもの目線では外側の交通が見えない。

公園看板.jpg

看板:右下にはゴム製のカバーが残っているが、左下は取れている。ちょうど子どもの背丈の高さなので危険。

 

<大野南地区>

上村公園 谷口中村公園 下村公園 中道上公園 相模大野南口公園 

相模大野7丁目公園 南新町公園 旭公園 旭さくら公園 鹿島中公園 鹿島下公園

 

<東林地区>

松蔭公園 林間公園 東林間第2公園 東林間1丁目ふれあいの森 東林間公園

 東林間第3公園 東林間第4公園 東林間第5公園 東林間駅前公園 

林間白笹公園 三角公園

 

<相模台地区>

鶴の台公園

 

<大野北地区>

淵野辺1丁目公園 淵野辺1丁目第1公園 淵野辺きぼう公園 

淵野辺本町どんぐり公園 宝来公園

 

 

【参加してみて・・・】

 

ゴミが散乱していて気にはなったけれど、素手で回収は抵抗があり拾うことができなかったので、清掃の準備もして点検とセットで普段使っている公園も綺麗に出来るとよかったかなと思いました。

  

日頃使っている公園ですがじっくりみると意外に危ない所があり、使う側の点検は常に必要だなと感じました。

最近はプラスチックの遊具がほとんどですが、木の遊具は自然で暖かい温もりがありぜひ残していって欲しいです。

ただ腐敗してしまうので、細やかな点検と細やかな修繕は気を付けて行かなければと感じました。